屋根裏に潜むねずみ退治

家にねずみが出た、もしくはねずみが出入りしている痕跡があるという場合には、速やかに対処しなければなりません。


その理由として、一つには家屋や家財への被害が考えられます。
ねずみの身体的特性として、前歯が伸び続けるという特性があります。

放っておくと、それは自身の体を傷つけることになるため、硬いものをかじったりすることで歯を削ろうとする習性があります。



そのため、屋根裏など家の中に潜むねずみは柱や壁をかじったりし、それが家屋へのダメージにつながります。


また、電気コードなどをかじることもあり、それはコードの断線、漏電からの火災などに繋がることもあるので、ねずみ退治は重要となります。

それに加え、人間の健康への被害も考えられます。


ねずみは、様々な菌を保菌している可能性があり、それが感染症などの原因となることもあります。
また、雑食であるねずみは、人体をかじって食料にすることもあります。

特に、子供や老人などの体力のない人が狙われる傾向にあるため注意が必要です。


ねずみは、通常屋根裏などの人目のつきにくい場所に潜んでいるため、その発見が難しく直接ねずみ退治することは困難です。

ビジネスジャーナルについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

そのため、殺鼠剤などの薬を使用し、ねずみ退治する方法と、超音波などでねずみを屋根裏などから追い出す方法の二通りが考えられます。前者の場合、その死骸の処理が大変であるため、ねずみ退治を行うのであれば業者に依頼するのも一つの選択肢として挙げられます。



個人で行うのであれば、後者がおすすめです。

top