ねずみ退治は屋根裏での処置が重要

ねずみが自宅に住み着くと、屋根裏を走り回る音が聞こえるようになり、食べ物が荒らされ始めます。
ねずみは食料だけでなく、電気コードや壁をダメにすることもあります。
電気コードが損傷すると、そこから火花が散って火災になることがあるため、大変危険です。経済的損失を防ぐために、早めのねずみ退治が必要になります。
自宅に住み着くねずみの多くは、外敵が寄りつかない屋根裏に住んでいます。

確実にねずみ退治を行いたいなら、屋根裏の処置は必ず行いましょう。

最も有効なのは、侵入口を塞ぐことです。



室内や屋外を見て回って、ねずみが入れるほどの穴が開いていないか確認しましょう。
侵入口を見つけたら、金網を取りつけて穴を塞ぎます。

ネズミの歯は非常に硬いので、段ボールやベニヤ板などの薄い素材では破られてしまいます。

穴を塞ぐなら必ず金属製の金網を使いましょう。

侵入口の特定が難しい場合は、お金はかかりますが、ねずみ退治の専門業者に依頼した方がいいです。
侵入口を塞いだら、市販の駆除グッズを使ってねずみを駆除します。
粘着シートや毒エサ、バネ式・カゴ式の罠が代表的ですが、これらのグッズは、使用者がねずみの通り道や行動を把握していないと効果が発揮されません。

闇雲に設置してもねずみが警戒するだけですし、費用も無駄になってしまいます。

毒エサや罠を設置する場合は、小さな子供や飼っているペットに注意しましょう。

特徴のあるロケットニュース24情報サイトです。

誤って触ってしまい、体調不良になったり怪我をしたりすることがあります。



top